屋根

家具の配置まで頭にいれれたら完璧

和な家

注文住宅では窓の位置や大きさ、さらに、コンセントの位置なども、のちのち実際に家具を入れた時に大きくかかわってきます。我が家は、とにかく明るい家がいいと思い、単純に窓をとにかく多く、大きくしたのですが、その結果、家具を配置した時に、壁の部分が少なくて。インテリアとしての絵をかける部分だったり、こどものためにちょっとしたポスターをはる部分だったりが極端に少ないことに気がつきました。また、コンセントの位置は住んでから、実際に家具のうしろになってしまって使い物にならなかったりするので、ある程度多めに作ったりはするのですが、できれば、その位置や高さなど、ある程度、家具も含めて生活スタイルを頭に思い浮かべてから決めるのが大事だと思いました。
あと、スペースを広くしたものの、冬になると、暖気が逃げてしまい、部屋がなかなかあたたまらないという点もあるので、我が家では冬だけ、カーテンをつける部分が2つあります。それはキッチンとリビング階段の部分の2か所です。これが吹き抜けだったら大変なことだったと思ってしまいますが、幸いなことに、この2か所の部分は突っ張り棒でかんたんにカーテンを取り付けることができますので、壁の位置など、そのあたりも考えておくと、便利だと思います。

ハウスメーカーでの家づくりの注意点

家

ハウスメーカーに依頼して安曇野市で注文住宅を建てる場合は、短い工事期間や一定の品質等様々なメリットがありますが、一方で次のようなデメリットがあることも知っておいた方が良いでしょう。まずは、設計やデザインを選べる幅が少ない点です。外観や内装の選択肢は制限されています。加えて、大多数の依頼者に受け入れられやすいように量産された既製品が多用されるため…

注文住宅の設計に優れた建築家を選ぶコツ

理想の家

建築家に注文住宅を依頼する際には、次のようなポイントを意識して建築家選びをすることが大切です。まずは自分の設計プラン通りの施工を行ってくれる工務店とのパイプを持っているかどうかです。建築家自身の個性を生かした柔軟で独創的な設計内容をそのごとく実現することができる大工との付き合いがあるかどうかは非常に重要です。そのため、建築家選びをする時は必ずそ…

TOP